2019年03月06日

2019春期講習のお知らせ

今年の春期講習のご案内です。

一人一人にぴったり合った講習です。楽しく勉強して力を付けましょう!

お申し込みはお早めに。

 

imageweb

 

 

日程・時間帯

timetableweb

 

 

費用

pricesweb

 

資料はこちらです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
個太郎塾 淵野辺教室
http://fuchinobe-kotarou.com/
住所 : 神奈川県相模原市中央区淵野辺3-6-12
守屋ビル2F
TEL : 042-707-7921
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年02月06日

個別指導で大学受験

個別指導で大学受験

 

個別指導の良さは、一人一人に合わせた勉強ができるところです。それによって大学受験が、どのように変わってくるのでしょうか?

 

「コース超え」を実現

集団教室や映像授業教室のコース:

授業を受けることが中心になりますが、従業を受けただけでは実際の入試問題は解くことができないため、問題集を自分で解いたりすることが必要です。

頑張れば解ける問題を中心に扱うため、能力別コース設定になります。授業内容も、問題演習もコース設定の枠ができます。

 

個別指導教室:

授業はもちろん、演習も先生と一緒に行うことができます。コーチがついてトレーニングするのに似ています。

能力別コース設定が必要ないため、頑張った分はどんどんレベルを上げられます。つまり「コース超え」が可能になります。普通の成績からMARCHや早慶を狙うことも不可能ではありません。実際に1年で模試の偏差値が20上がったりしています。

 

Beyond

 

 

「演習(アウトプット)」が鍵

「良い授業」は分かりやすくて面白く、さらにその科目が好きになったりします。でも考えてみると、上手に教えてもらったからと言って、テストの点が急に上がったりはしません。「授業で分かる」はインプットまでです。得点力を上げるには多くの問題演習を行い、「解く力」を伸ばすアウトプット練習が重要だからです。

試験は時間と正確さを競う競技のようなものですが、仮にスポーツで、話を聞いて分かったつもりになれても、それだけでは実際に試合では勝てないのと似ています。

Flow

 

 

「単元」を超えた演習

中堅以上の大学の入試で出題されるもの、それは単元を超えた問題です。例えば英語の場合なら、復文や重文と言った長い文章を入試は扱います。そこでは分詞を使うのか、関係詞なのか、また不定詞、あるいは単に接続詞を使うのかなど、単元を超えた力が問われます。

 

英語力のある人であれば、その判断を素早く的確にできますが、一般的な高校生には難しいものがあります。一人で取り組む場合は問題の解説に頼るしかありませんが、その解説だけで十分な人もいれば不十分な人(こちらのケースの方が多いです)もいます。

力のある講師がついて行う個別指導であれば、何回も練習して乗り越えられる壁ですが、一人だとかなり時間が必要です。時間不足は他の科目にも影響が及ぶので深刻です。

 

「演習」と個別指導

最近の参考書や問題集は種類も多く、良いものがたくさんあります。それらをうまく使えば進みはかなり早くなります。(聞くよりも読む方が人間の処理速度がかなり速いため)ただ、もし読んで理解するのが難しいのであれば、映像授業やスタディサプリなどを利用するのも良いでしょう。数学の青チャートなどの映像解説も、あまりお金を掛けずに見れるようになっているようです。何れにしてもインプットにあまり時間を掛け過ぎず、アウトプットの練習で得点力をあげるようにしたいものです。

どうしてもわからない時でも、個別指導であれば授業で解決できます。「わかる」だけでなく「できる」ようになるまで、更に「もっとできる」レベルまで、取り組むことが可能です。

 

そこで演習(アウトプット)についてですが、自分一人よりも先生が付いて行った方が、明らかに効果的です。苦手なものほど、自己判断は危険です。悩んで止まって時間を無駄にすることは絶対に避けたいものです。

目の前の問題にどう取り組めば良いのか、自分のどこがどう弱いのか、何をどうすれば伸ばせるのか、などと言ったことに、先生と一緒に具体的に取り組めます。

受験生にとって限られるものは時間です。入試日という期限までにどこまで伸ばせるか、それが最大の課題です。演習が大切だからこそ、自己流ではなく講師というコーチがついて徹底的に取り組みたいものです。「個別指導」なら、それが可能です。

 

「個別指導教室」を選ぶ際のポイント

予備校などの集団塾に比べて、個別指導教室の規模は必ずしも大きくはありません。生徒数も限られています。また小・中学生に力を注いでいる教室も多いものです。

 

そこで「個別指導教室」の選び方ですが、以下のポイントが鍵になります。

 

(1)独立した自習室があること

授業以外の時間の学習はとても大切。別の授業の音や話し声は意外と気になるものです。一般的に個別指導の教室では、小・中学生も少なくありません。音にイライラしていては何にもなりません。やはりきちんとした自習室は大切です。

(2)合格実績が継続していること

推薦などもあるため、時々なら有名大に進学する生徒さんはいます。そこで判断するポイントになるのは、毎年のように「MARCHレベルの合格実績」があるかどうか、です。MARCHになるとさすがに易しくはないので、継続的に合格実績を出し続けるためには教室の力量が必要となります。

(3)教室責任者

講師の採用や日々の指示は教室責任者が行っているケースが一般的です。そのため教室責任者の役割は大きなものがあります。たまたま良い講師がいたことで合格実績が出ていた場合は、その講師の卒業とともに実績は下がってしまいます。

責任者の人にぜひ直接、相談してみると良いでしょう。

 

以上のポイントを確認し、気に入る教室があればその塾で良いでしょう。

もちろん個太郎塾 淵野辺教室はこれらの条件を満たしています。ぜひ候補に入れてください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
個太郎塾 淵野辺教室
http://fuchinobe-kotarou.com/
住所 : 神奈川県相模原市中央区淵野辺3-6-12
守屋ビル2F
TEL : 042-707-7921
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年01月23日

高校全科学び放題コース

 

 

1212

 

 

こんな方におススメします

 

  • あまりお金をかけずに普段の定期試験対策をしたい。
  • 大学は推薦を考えていて、入試対策は必要ない。逆にいろいろな科目を勉強したい。
  • 学校の授業が良くわからなかった。授業でやらない単元があって分からない。
  • 家ではあまり勉強できない。塾の自習室を使いたい。
  • どうしてもわからない時だけ、授業を受けたい。
  • 部活の時間が不規則だから、自由に受けられると助かる。

 

個太郎塾なら大丈夫です!

 

ポイント)

- 高校の主要5教科全ての科目を受講できます。

- とてもわかりやすいトッププロによる学校レベルの授業で、何回でも受講できます。

- 独立した静かな自習室があるので、勉強に集中できます。

- 簡単な質問などは、いつでもOK。

- 試験前などで必要な時には、コマ単位で個別指導の授業を追加できます。

- チューター費用とかは不要です。テキストも無料です。

- 毎月の授業料15,000で全科目を受講できます。(別途総合指導費 月3,000円が必要です)

 

科目は以下のものが揃っています。更に定期試験前演習やセンター試験対策まであります。

ベーシック・ウイングなら、これら全てが学び放題です!

授業レベルのものが、でこれだけ揃っているのがベーシックウイングです。

 

数学 I・A・II・B・III

英語 文法・構文・英文解釈・リスニング・ライティング

理科 物理・物理基礎・化学・化学基礎・生物・生物基礎・地学・地学基礎

社会 日本史・世界史・地理・政経・現社・倫理

国語 現代文(読解・知識・表現)・古文文法・古文読解・漢文句形・漢文読解

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
個太郎塾 淵野辺教室
http://fuchinobe-kotarou.com/
住所 : 神奈川県相模原市中央区淵野辺3-6-12
守屋ビル2F
TEL : 042-707-7921
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年01月10日

ダブル・スタディ その3 ー 伸びる伸びないが見てわかる?/ダブル・スタディがおススメ

伸びる・伸びない、が見て分かる?

「伸びない」生徒さんの場合は、宿題をやらなかったり、やってもいい加減に取り組んでいたり、親や兄弟にやってもらったりなどで、アウトプット不足になっている場合が多く、定着が進んでいません。最初のインプットの時には、理解して問題も解けたりしていたものが、1週間後にはかなり忘れていて、授業でもう一度インプットをやり直したりします。当然ながら授業はインプットの時間が増えていき、インプット中心となります。これは授業の様子から直ぐに分かります。

 

逆にアウトプットの時間が増えてくる生徒さんの場合は、解けなかった問題への時間が増えていきます。問題を解く時の考え方やアプローチの仕方・工夫、弱点を補うための話などが増えていきます。これも授業の様子を見ているとわかります。

 

ダブルスタディがおススメ

さて重要なアウトプット(演習)ですが、一人ずつ異なる添削的な側面があるため、個別指導でじっくり取り組むことが適しています。自分で気づかないポイントや理解が違っているところなども個別なら先生が横に入るので修正できます。

 

一方で映像や集団などの授業=インプットをたくさん増やしても、アウトプットが少ないと得点力は伸びません。とは言え、インプットなしではアウトプットもできません。

つまり良質なインプット(導入)とたくさんのアウトプット(演習)の二つが必要です。だからダブルスタディなのです。そうすることで意識的にアウトプットに取り組むことができます。

どうでしょう、あなたはインプット中心になっていませんか?もしそうなら、平均的な成績の人に多いパターンになっています。

 

ところで、アウトプットは個別指導が向いていますが、逆にインプットには選択肢があり、今の時代は費用を掛けない方法もいくつかあります。最適な方法を選ぶと良いでしょう。

ダブルスタディは費用もダブル?なんてことにはなりません。驚くほど安いので大丈夫です。

 

教室では最適なアドバイスをしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

資料はこちら

 

関連ページ)

ダブルスタディ その1 ー アウトプットって?

ダブルスタディ その2 ー 実際にどこに差があるの?

ダブルスタディ その3 ー 伸びる・伸びないが見て分かる?/ダブルスタディがおススメ

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
個太郎塾 淵野辺教室
http://fuchinobe-kotarou.com/
住所 : 神奈川県相模原市中央区淵野辺3-6-12
守屋ビル2F
TEL : 042-707-7921
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年01月10日

ダブル・スタディ その2 ー 実際にどこに差があるの?

実際にどこに差があるの?

インプット(導入)は学校や塾などでやるため、同じ授業を受けている皆さんは同じ内容を聞いています。もちろん理解力や集中力には個人差がありますし、それまでの積み重ねからも差があります。それでも普通の学力があれば、じっくり自分のペースできっちりやれば、苦手なもの意外はインプットまでは何とかなる場合が殆どです。ここまでのところに大きな差はありません。

 

アウトプット(演習)についてはどうでしょうか?理解したからと言って、一人で問題をドンドン解ける人は限られていますし、そもそも問題をドンドンと解こうとはしてない人が多いのではないでしょうか?「わかったし、宿題も片づけたから、もういいかな」で終わらせていませんか?

 

次の図はこの辺りの違いを表しています。

DStudy2S

 

個太郎塾は個別指導の教室なので、いろいろな生徒さんがいます。それぞれの授業の様子を見ていると「伸びる」「伸びない」が直ぐにわかることも少なくありません。これもアウトプットの差です。それでは、なぜ直ぐに見分けられるのでしょう?

 

教室でアドバイスもしますので、相談に来てください。

 

 

次のページ

 

 

関連ページ)

ダブルスタディ その1 ー アウトプットって?

ダブルスタディ その2 ー 実際にどこに差があるの?

ダブルスタディ その3 ー 伸びる・伸びないが見て分かる?/ダブルスタディがおススメ

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
個太郎塾 淵野辺教室
http://fuchinobe-kotarou.com/
住所 : 神奈川県相模原市中央区淵野辺3-6-12
守屋ビル2F
TEL : 042-707-7921
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

相模原の学習塾「個太郎塾 淵野辺教室」からのご案内はこちら

相模原市にある個別指導の「個太郎塾 淵野辺教室」では、小学生・中学生・高校生の3つのコースから学年や目的ごとにカリキュラムが組まれており、生徒さんひとりひとりに合ったペースで着実に成績アップや受験対策に臨みます。相模原の学習塾「個太郎塾 淵野辺教室」の各コースに関するご案内やキャンペーンの告知は『お知らせ』をご覧くださいませ。

rss