2018年12月10日

スーパー特進 英語コース

「入試対策の勉強をしていても、偏差値が伸びない」といった状況を変えるために、全てにハイレベルな英語学習を個別指導で行います。 
 今年も河合全統記述模試で、帰国子女等でない一般の高3生が英語の偏差値70を超えています。1年かからずに偏差値が約20上昇しています。


 優秀な講師と、選ばれた入試対策教材との組み合わせによる個別指導で、難関大合格まで、効率良く力を付けます。

個々に失点している原因を探り、それに対して効果的な教材を用いて対策をとっていきます。(病院の診断と投薬に似ています)

 

この学習に取り組むためには基礎学力が必要ですが、準備学習など、状況に応じて個別に対応しますので、ご相談ください。

特に英単語が最もクリティカルになってきます。単語が弱い場合は使用できる教材が限られてしまうため、打てる対策にも限度があるからです。

コースの特徴:
 難関大の英語入試問題で高得点をとることに注力しています。実戦的な文法演習、難解英文の読解、長文読解、英作文・記述対策、読解スピード(WPM)をあげるための英語長文速読トレーニング(英語の速読)を実施します。(速読は必須ではありません)

授業は個別指導(つきっきりでの添削指導が多くなるため)です。対応可能な人数に制限があります。曜日・時間帯などについてはご相談ください。

受講にあたり:
選抜試験はありませんが、入試英語の標準レベルかそれに近いレベルであることが必要です。(学校授業レベルの学習や補習は行いません)

  • 英語学習の意欲が高く、問題をこなせる入試基礎レベルの学力があること。特に単語を頑張っていることが必要です。
  • ネクステ(Next Stage)、ビンテージ(Vintage)、英単語・熟語などの一般的な大学受験用教材などを概ね終了していること。あるいは中高一貫進学校や一般の集団・映像予備校・受験塾において基本的な入試対策の基礎ができていること。
  • 目安としてはスタート時の英語学力が河合の全統模試で偏差値50~55程度またはベネッセで55以上になります。


受講開始時期:

  • 入試までの1年で実施するコースです。そのため現役合格を目指す場合には、高2冬のタイミングでの開始をお勧めします。
  • 時期が異なる場合や、中学3年生、高校1年生の場合には、個々の学力・学習習慣により異なりますので御相談ください。また学力が不十分な場合には、コース開始に向けた準備を行っていきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
個太郎塾 淵野辺教室
http://fuchinobe-kotarou.com/
住所 : 神奈川県相模原市中央区淵野辺3-6-12
守屋ビル2F
TEL : 042-707-7921
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

rss